●薬物問題を考えよう!
【薬物事犯ヘッドラインニュース】
【センターからのお知らせ】
 外部講師の派遣について
 制作レポート
【視点】薬物問題最前線
【調査・データ】
 薬物事犯データ
 意識調査
【国の方針】
 大麻等薬物規制の動向
【世界の情勢】
 国際的な薬物の規制状況
 World Drug Report 2022(UNODC)
 国際麻薬規制100年
薬物乱用と心身への影響
薬物乱用を防止するために
薬物乱用とは何か
乱用される薬物について
脳の働き
薬物乱用の影響
薬物依存
フラッシュバック
回復と再乱用防止
乱用のきっかけ
薬物に手を出させないために
薬物乱用に関係する法律
薬物の誘いを断るヒント
乱用される薬物の種類と影響
薬物の種類について
覚醒剤
大麻
コカイン
有機溶剤
危険ドラッグ
(合成カンナビノイド系)
危険ドラッグ
(合成カチノン系)
MDMA・幻覚剤
処方薬(中枢神経抑制薬)
薬を正しく使うために
薬は正しく使いましょう
全国の相談窓口
相談窓口一覧

国際的な薬物の規制状況



【最近のニュース記事より】

■ブラジル/リオ(2022年7月)
ファベーラ(貧民街)「コングレクソ・ド・アレマン」で警察による麻薬密売組織の一斉摘発が行われ、銃撃戦で18人が死亡 警察は特殊部隊400人、ヘリ4機、装甲車10台を動員して作戦にあたった。


■タイ/ 家庭での大麻栽培が解禁(2022年6月更新)
タイ政府はTHC含有量が0.2%以下の大麻の過程栽培を医療目的に限り解禁したが、解禁後早々に摂取後の死亡例が報告されるなど、警戒が強まっている。娯楽など嗜好用での使用は引き続き規制のまま。医療用での使用は既に2019年に解禁されていたが、そのような状況で今回栽培解禁が為されたこともあり、混乱が生じている模様。

■フィリピン/ 新大統領にマルコス氏(2022年5月)
ドゥテルテ前大統領の麻薬撲滅作戦を継承、副大統領はドゥテルテ氏の長女サラ氏。


■コロンビア/ 初の左派政権誕生、左翼ゲリラ出身元ボゴダ市長のペトロ氏。(2022年6月)
左翼ゲリラ(ELN)との和平交渉再開や対話を通じた麻薬組織の解体を提唱。


【国際的な大麻の規制状況】(2019年1月時点/厚生労働省調べ)

 


【地域別規制状況】
外務省海外安全ホームページリンク

 ※各国の規制・取締り状況の情報をご覧いただけます。
 ※最新情報は外務省担当部署へお問い合わせください。