●薬物問題を考えよう!
【薬物事犯ヘッドラインニュース】
【センター通信】書籍紹介他
【調査・データ】
 薬物事犯データ
/意識調査
【学ぶ・講座】
 薬物乱用防止教室の実践
【世界の情勢】~国際麻薬規制100年~/World Drug Report 2020
【国の方針】
 第五次薬物乱用防止五か年戦略
薬物乱用と心身への影響
薬物乱用を防止するために
薬物乱用とは何か
乱用される薬物について
脳の働き
薬物乱用の影響
薬物依存
フラッシュバック
回復と再乱用防止
乱用のきっかけ
薬物に手を出させないために
薬物乱用に関係する法律
薬物の誘いを断るヒント
乱用される薬物の種類と影響
薬物の種類について
覚醒剤
大麻
コカイン
有機溶剤
危険ドラッグ
(合成カンナビノイド系)
危険ドラッグ
(合成カチノン系)
MDMA・幻覚剤
向精神薬
処方薬
薬を正しく使うために
薬の正しい使い方
相談窓口一覧
全国の相談窓口
関連データ

■薬物事犯について
覚醒剤事犯.薬物事犯の検挙人員では、覚醒剤事犯が8割以上を占め、国内で乱用される薬物の中心となっています。 ... 大麻事犯の検挙人員は、覚醒剤事犯に次ぐ高水準で推移しています。(出典:警察庁・海上保安庁・厚生労働省 集計)
大麻事犯は20歳代が最も多く、30歳代までで約8割を占めています。覚醒剤による検挙者数を上回り、若年層への大麻の浸透率が高まっていることを示しています。(出典:警察庁)
■大麻事犯
■日本と海外の比較
■意識調査
■密輸入の動向