薬物乱用と心身の影響
薬物乱用を防止するために
薬物乱用とは何か
乱用される薬物について
脳の働き
薬物乱用の影響
薬物依存
フラッシュバック
回復と再乱用防止
乱用のきっかけ
薬物に手を出さないために
薬物乱用に関係する法律
薬物の誘いを断るヒント
薬物の種類と影響
薬物の種類について
覚醒剤
大麻
コカイン
有機溶剤
危険ドラッグ
(合成カンナビノイド系)
危険ドラッグ
(合成カチノン系)
MDMA・幻覚剤
向精神薬
処方薬
薬物乱用防止・関連情報
統計資料(2018年データ)
第五次薬物乱用防止五か年戦略
【指導者向け】WEB講座
薬物乱用防止Q&A
【企画】世界の薬物事犯の情報
薬の正しい使い方
薬の正しい使い方
相談窓口一覧
全国の相談窓口
乱用される薬物について


薬物は脳に与える3つの作用、興奮作用、抑制作用、幻覚作用によって分類されています。

top

①興奮作用:
脳を刺激して興奮させるもの


②抑制作用:
脳を麻痺させて気分を鎮めたり眠らせたりするもの

③幻覚作用:
実際にはないものが見えたり聞こえたりするもの

覚醒剤は化学合成された精神刺激薬です。脳を興奮させることで不眠や疲労抑制といった症状をおこします。強い精神依存や薬剤耐性もあり、日本で一番乱用されている薬物です。

大麻は大麻草という植物由来の薬物で、この葉や花穂などを加工し吸引するものです。テトラヒドロカンナビノールという成分が幻覚作用や多幸感をもたらします。世界で最も多く乱用されている薬物で、日本でも乱用の拡大が危惧されています。

コカインはコカの葉から作られた精神刺激薬です。 乱用すると幻覚や幻聴、錯覚を伴う重度の妄想症になる場合があります。効果の持続期間が短いため、覚醒剤に比べ何度も乱用するようになります。

数年前に大きな社会問題となった危険ドラッグは、大麻や覚醒剤のも構造を少しだけ変え化学合成された物質が含まれています。
人体への影響は大麻や覚醒剤以上に危険だったため厳しく規制され減少しましたが、いまだにインターネットなどを利用して流通しており、引き続き注意が必要です。