「税額控除」について



当財団は、公益財団法人の認定を受けておりますので、当財団へのご寄附を行われた個人の方については、確定申告の時に「寄付金控除」を申告することにより「特定公益増進法人」に対する特定寄附金として、所得控除を受けることができます。
この度、内閣総理大臣から「税額控除に関する証明書」を取得いたしましたので、「所得控除」又は「税額控除」のどちらかを選択いただけることとなりました。

● 「所得控除」と「税額控除」

○「所得控除」
(寄付金額―2,000円)を所得から差し引いた額に所得税がかかる仕組みです。
○「税額控除」
(寄付金額ー2,000円)の40%が所得税額から控除される仕組みです。

● 例 10万円の寄付をした方の場合

「所得控除」では
(100,000円―2,000円)=99.800円が所得から控除されますので、税率10%とすると9,980円所得税が軽減されます。

「税額控除」では
(100,000円ー2,000円)×40%=39,920円所得税が軽減されます。

 いずれも、寄付金額は総所得額の40%相当額までが対象となります。
「税額控除」の控除額は、適用しない場合の所得税額の25%相当額が限度となります。

※ 税制は毎年度のように改正されますので、最新の情報については、税務署、国税庁ホームページ(http://www.nta.go.jp)でご確認ください。