説明: 説明: C:\Users\setup104\Desktop\gif\kokuren.gif

国連支援募金が国連へ贈呈されました


平成28年3月4日、 オーストリア共和国ウィーンの国連センター内にある国連薬物犯罪 事務所(UNODC)において、国連支援募金の 贈呈式が行われました。  贈呈式は、在ウィーン国際機関日本政府 代表部のご協力により、代表部北野充特 命全権大使が出席して行われ、大使から UNODCのユーリ・フェドトフ事務局長に、平成 27年度に寄せられた募金の中から 1,780万円(約15万5千米ドル)を国連に寄付 する目録が贈呈され、寄付金の使途などに関する約定書を交換しました。

 ユーリ・フェドトフ事務局長は、twitterで「世界中のNGOに対する支援をいただき、北野大使と日本の麻薬・覚せい剤乱用防止センターに改めて感謝する。」と述べています。

bokin001
目録を贈呈

2014年度事業の報告から

贈呈式に当たり、2014年度に寄付された資金によるNGOへの助成に関する報告書が提出されました。

 報告書では、 2014年度の事業について、募金による寄付金約13万2千米ドルを受け取り、募集したところ、世界中から101件の応募があり、要件を満たす60件の申請について審査行った結果、17件のプロジェクトに総額約11万7千米ドルの助成を行ったことなどが報告されています。

レバノンのNGOであるSKOUNは、地域からそれぞれ120人の青少年と親を選抜し、薬物乱用防止のための同世代による教育や、子育てのための活動技術を訓練するワークショップを行いました。

メキシコのNGO、Centros de integracion Juvenil,A.C.は、親や教師に、薬物乱用防止について、日常的に青少年を指導できるよう、ワークショップを開催して訓練しました。そのため、右の写真の啓発資料を作成しました。






説明: 説明: C:\Users\setup104\Desktop\gif\back.gif