[ 統計データ ]

区       分
平成13年
平成14年
平成15年
平成16年
平成17年
平成18年
平成19年
平成20年
平成21年
平成22年
平成23年
件      数
2,321
2,677
2,925
3,125
2,951
3,369
3,388
3,927
4,057
3,151
2,402
人      員
1,525
1,873
2,173
2,312
2,063
2,423
2,375
2,867
3,087
2,367
1,759
うち20歳代
803
1,016
1,250
1,328
1,156
1,416
1,430
1,542
1,670
1,232
844
うち未成年者
188
192
191
223
182
197
184
234
214
164
82
20歳代・未成年者の比率
65.0%
64.5%
66.3%
67.1%
64.9%
66.6%
65.0%
61.9%
61.0%
59.0%
52.6%
うち中学生
4
4
3
6
5
4
1
2
5
11
1
うち高校生
44
34
38
38
43
27
28
48
34
18
15
うち大学生
95
69
108
115
65
81
94
90
82
52
27
うち栽培事犯
57
65
101
124
111
130
132
215
254
171
118


乾 燥 大 麻
(大麻たばこ含む)
844.0kg
256.5kg
558.2kg
642.6kg
652.4kg
233.8kg
503.6kg
382.3kg
207.4kg
181.7kg
141.1kg
大 麻 樹 脂
73.5kg
275.3kg
323.9kg
327.5kg
233.9kg
98.7kg
57.0kg
33.4kg
17..4kg
13.9kg
28.4kg


「厚生労働省・警察庁・財務省・海上保安庁の統計資料による。」

平成23年における大麻取締法違反での検挙件数・人員は、2,402件・1,759人であり、前年に比べそれぞれ、749件、608人減少した。
押収量は、乾燥大麻が141.1kgと減少し、大麻樹脂が28.4kgと増加した。
大麻事犯の検挙者数及び栽培事犯の検挙者数は、ともに過去最高を記録した。
また、検挙者数に占める20歳代以下の比率は52.6%となっており。他の規制薬物に比べ若年層の比率が高くなっている。