■薬物乱用の弊害

・強迫的使用
 薬物をやめたいという気持ちがありながらも意のままにならず、薬物を頻繁に使用すること。
・禁断症状
 薬物を急激に中断したときに現れる心身の症状。類似の症状(退薬症状)は完全に薬物を中断しなくても、薬物の血液中の濃度が急激に下がった状態で現れる。
・薬物探索行動
 薬物を切らすまいとして、何とか手に入れようとして示す行動。
・身体の障害
 薬物の直接的作用によりひきおこされる体の各臓器にみられる二次的障害
・精神の障害
 薬物の直接的作用によってひきおこされる脳の二次的障害であり、中毒性精神病や、痴呆などが現れる。

●心身への影響

●社会への影響