[ 薬物乱用とは ]

 薬物乱用とは、医薬品を本来の医療目的から逸脱した用法や用量あるいは目的のもとに使用すること、医療目的にない薬物を不正に使用することをいいます。もともと医療目的の薬物は、治療や検査のために使われるものです。それを遊びや快感を求めるために使用した場合は、たとえ一回使用しただけでも乱用にあたります。

 現代人の多くは薬物(くすり)に対する正しい知識が薄れています。医薬品は長年の英知の結果生まれた産物であって、治療等には欠かせない大切なものです。医師の指示に従って用法と用量を守って使うことが大切です。

●薬物乱用の三要因

●薬物乱用予備軍を育む現代社会

●青年期の精神構造と問題行動