■薬物乱用のおそろしさは、単に乱用者自身の精神や身体上の問題にとどまらず、家庭内暴力などによる家庭の崩壊、さらには、殺人、放火等悲惨な事件の原因にもなり、社会全体への問題と発展します。

古くは歴史に学べば、イギリスと中国のあへん戦争のように薬物の乱用を放置すれば、国家の存亡に関わる極めて重大な問題となります。

麻薬や覚せい剤などの薬物は、使用しているうちにやめられなくなるという"依存性"と、乱用による"幻覚"、"妄想"に伴う自傷、他害の危険性があるという大きな特徴があります。

一度だけのつもりがいつの間にか中毒となり、一度しかない人生が取り返しのつかないものとなるのです。

このような薬物乱用の恐ろしさを十分に知っていただき、薬物乱用問題を考える際に参考にしていただきたいと思います。

●薬物乱用とは

●乱用される薬物とは 

●始めるきっかけ

●薬物乱用の弊害 

●依存症とは

●日本における薬物乱用の歴史

●薬物乱用防止に対する国際協力体制

●我が国における薬物乱用の状況

●薬物乱用防止啓発運動の紹介

●薬物乱用防止啓発活動推進機関

●世界における薬物乱用の状況

●薬物乱用と家族の対応

●薬物乱用からの回復ステップ

●NOと言える10ヶ条

●薬物5法について