[ ヘロインとは ]

 ヘロインは何といっても乱用薬物の頂点に位置する物質で、アメリカでは乱用者に最も好まれている物質です。ヘロインは白色又は茶色い結晶性粉末で無臭、水によく溶ける苦味のある物質です(ヘロインが水に溶ける様子は、すさまじい程、速やかで、水面にヘロインが達したか否かの瞬間に水面を走り回って溶けます)。この物質の色は産地によって異なり、メキシコのものは茶色乃至は灰色、中近東及びアジアでは白色といった具合で、アジアのものは純白であるだけに純粋で、それだけ価格も高くなっています。

 ヘロインは化学的加工によりモルヒネから製造される物質で、モルヒネの誘導体ですが、モルヒネの3倍も強力ですし、中毒性もモルヒネに比べて非常に高い物質です。密売に供されているヘロインは製造工程に加えて、砂糖、タルカム・パウダー(目に蓄積して失明の原因になることも判明している)(タルカム・パウダーは、滑石と硼酸末の混合物に香料などを混ぜたもので、汗疹や爛れの予防に肌に付けるものであり、もともと体内に入れるものではない。)、エプソム塩、マンナ糖などの緩下剤、粉石鹸、キニーネ、ストリキニーネなどを混ぜ込んだりします。作用は殆どモルヒネと同じですが、より早く効き、且つ、効いている時間は短くなります。身体的な依存性は非常に高く、精神的な依存も存在します。他の如何なる麻薬よりも依存性が早くできあがります。

●ヘロインの原料

●ヘロインの詳細

●あへん系のその他の麻薬